耐震・構造設計のことなら株式会社 文化財構造計画

株式会社 文化財構造計画

ご依頼の流れ

1

tel

お電話にてご連絡いただくか、お問い合わせフォームにてご連絡ください

「この建物の耐震診断を行いたい」「保存活用計画を策定したい」ということでもよいですし、「こんな問題があるのだが、どのように進めればよいか相談したい」ということでもかまいません。また、設計事務所、施工会社の方に対しての構造設計や文化財保存に関する部分だけの協力事務所としての業務支援ももちろん行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

矢印

2

相談

まずはお話をお聞きして、業務の内容を協議させていただきます

建物についての情報や現在の状況をお伺いして、ご依頼の業務内容について協議させていただきます。次に実施する内容が具体的でない場合には、最終目標に至るまでの枠組み作りや、体制作りにご協力させていただきます。文化財建造物の悩みは様々ですので、弊社の得意とするところでないものもあるかと思います。必要な枠組みを提示した上で、その中でこちらができる作業をご説明させていただきます。また、文化財において文化庁等の補助事業をお考えの方には、補助に関するご相談にも対応いたします。

矢印

3

見積

業務のお見積もりをご提示いたします

業務の枠組みが決まれば、その業務に対するお見積を提示させていただきます。耐震診断の場合には診断だけでなく、それに伴う調査も必要となります。診断に必要な調査内容も含めてご相談させていただき、その費用を提示させていただきます。煉瓦造建築などは、基準等がないため診断だけでなく調査項目も選択が非常に難しいです。文化財建造物等で過去に行われた調査などから、その建物にふさわしい調査方法、診断方法を検討し、仕様書と見積書を提示させていただきます。

矢印

4

契約

業務を依頼していただき、契約ののち業務にとりかかります

見積の内容に合意していただければ、契約を交わし業務に取りかかります。

矢印

5

入金

業務完了後、入金していただきます

業務内容にもよりますが、原則は業務完了後に一括でお支払いいただきます。ただし、期間が長期にわたる場合には、
中間でお支払いをお願いすることもございます。

歴史的建造物ついてのご相談はお気軽にお問い合せ下さい